環境経営

方針

Environment Policy card
Environment Policy card

戦略

HUMAXの環境経営システムはISO 1400認証をもとにしております。HUMAXは持続的に環境配慮型の経営システムを追求し、環境に対するネガティブな影響を低減させるため、すべての活動を持続的に改善しております。

環境経営

エネルギー消費

資源効率性

GHG排出

環境に対するネガティブな影響の最小化

環境法規を順守するための標準の樹立

環境配慮型の経営スキルの改善

環境配慮型の製品生産

訓練と教育

ISO14001に基づいた環境経営システムiso-14001

気候変動

HUMAXは気候変動に積極的に愛王するため、事業場や製品において実行段階を細分化し、温室ガスへの対応戦略を樹立しております。

  • 事業場における温室ガス削減のため「温室ガスのインベントリ構築」の組織警戒を拡大し、削減活動を分析したうえ、削減目標を設定します。
Step 1.
Step 2.
Step 3.

温室ガス・インベントリ構築及び検証
削減活動及び削減要因の分析
削減目標の設定

  • 組織警戒の拡大
    第1次) : ’EMS(自己工場)’,
    第2次) :’EMS(外部生産工場)’
    第3次) : ‘海外法人及び支社’へ拡大
  • 専門性及び信頼性の確保
  • 削減活動の分析
  • (EMS現況把握) エネルギー工程の診断および削減要因の分析
  • (ベンチマーク) 削減技術の把握及び発掘
  • 適用可能な削減活動の選択
  • 削減目標の基準設定

  • 製品における温室ガス削減のため製品の正確なLCAと構築し、排出量の高い「使用・原材料」段階から削減戦略を樹立します。
Step 1.
Step 2.
Step 3.

LCA 算定
「使用・原材料」段階の削減戦略の樹立
製品全過程への削減戦略の樹立

  • 警戒設定及び算定
  • 製品群別のLCA算定及び比較分析
  • 同種業種のLCA結果の比較分析
  • 原材料及び廃棄段階
    – VEによる構造変更
    – 再活用素材の適用などの材質変更
  • 使用段階
    – SW変更による待機電力の削減
    – Chip及びPCB Art変更による消費電力の削減
  • その他の段階
    – 運送段階: Agency契約によるLSP管理
    – 生産段階: 温室ガス・インベントリの構築
    及び削減技術の導入
  • 環境配慮型設計により環境影響を最小化する方策を模

    – 製品設計段階で炭素排出量を分析
    – NPGプロセスと連携

成果

HUMAXは本社の温室ガス・インベントリシステムを構築し、専門機関による検証を完了しております。。また、韓国初のセットトップボックスのカーボンフットプリント認証を取得し、環境配慮型の製品開発のまめ持続的に努力しております。

温室ガス・インベントリ

直・間接的に累積した温室ガスの排出源を識別子、国際的同意を得た標準にそって温室ガスの排出量を算定し、検証

Carbon Disclosure Project (CDP)

2013年からカーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)に気候変動及び温室ガス関連情報を公開しており、科学科学的根拠に基づく方式(Technical note on science-based targets) により2050年までCO2排出削減目標を設定

環境マーク認証

カーボンフットプリント認証
環境部参加の韓国環境産業技術院が運営している自主的カーボンフットプリント認証。製品の全過程の環境影響(地球温暖化)を示す指標

* 詳しい情報はカーボンフットプリント認証のホームページにて確認できます。